【アルトコインを100種以上調査】草コイン買い方とおすすめ取引所

2017年、仮想通貨市場は大きく盛り上がりました。2017年1月1日~2018年1月1日の間でビットコインは約1500%以上もの値上がりを記録しました。

「これから仮想通貨を始めてみようかな」
「仮想通貨の事をもっと勉強したいな」

と興味を持たれる方も急激に増えています。

実は、仮想通貨はビットコインだけではありません。ビットコイン以外にもたくさん種類があることを知っていましたか?仮想通貨の代表格であるビットコインが世界で大きく広まったことで、ビットコイン以外の仮想通貨もどんどん誕生・成長しています。こういったビットコイン以外の仮想通貨の事を「アルトコイン」と言います。

「アルトコインってどうやって手に入れるの?」
「無数にあるアルトコインの中で将来大きく成長するアルトコインの選び方は?」

今回はそこにスポットを当ててお話していこうと思います。


アルトコインとは何か?

アルトコインとはAlternative Coin(代替のコイン)の略で別名「オルトコイン」ともいわれています。ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。

2018年1月時点で、全世界ですでに1100種類以上ものアルトコインが作成されていると言われており、今なおアルトコインの種類は増え続けています。代表的なアルトコインとして、イーサリアム・リップル・モナコインなどのコインがあります。

草コインとは何か?

上記で紹介したイーサリアム・リップル・モナコイン等はアルトコインの中でも既に取引高も大きく、対応しているウォレットや取引所も増えました。今ではメジャーなアルトコインと言えます。しかし、アルトコインの中には

・誕生してまだ間もない
・取引高が小さい
・価格が非常に安い

マイナーなコインも存在します。そういったアルトコインはインターネット上では「草コイン」と呼ばれています。

2018年は草コインで億り人続出か?

テレビの報道や番組でも取り上げられた「億り人」といわれる言葉を聞いたことはありませんか?億り人とは総資産が一億円を突破した人の事を指します。中には数十万円の元手でビットコインに投資し一億円以上の資産を築いた人もいるのですから驚きです。

億り人の多くは、ビットコインの価格が安い時(数千円~数万円程度)からビットコインに投資していた人と考えられます。まだビットコインが世間の注目を浴びていない時です。

2018年の段階では1BTC/200万前後の値段で推移しています。数年前と比べると取引高も大きくなり、メディアでも大きく取り上げられました。ここからさらなる値上がりがないとは言い切れませんが、少額で大きなリターンを狙うにはビットコインを現物で保有しているだけでは厳しいかもしれません。

そこで、次なる投資先としてひそかに注目され始めたのが草コインです。価格がいまだ日本円換算で数円程度のコインも多く、扱っている取引所もそこまで多くありません。これらの中でもしビットコイン、もしくはポストビットコインの座につくレベルまで成長するコインを今買っていれば、数年後に少額で大きなリターンを得れるかもしれません。

ですが、日々新たに誕生するコインもある反面、注目されずに消滅していくコイン(dead coin)もあります。数うち当たる戦略でコインを買っていくのもありかもしれませんが、投資資金も限られていますし、効率もよくないですよね?

将来有望なコインを選ぶためにはどうすればいいのか?アルトコインを100種類以上みてきた筆者が草コインの選び方についてまとめてみました。

草コインを買う前にチェックしておきたい6つの要素

①時価総額(Market Cap)をチェック

草コインを調べる時にまず真っ先にチェックするのが、草コインの時価総額です。

時価総額とは「コインの値段×コインの発行枚数」の事です。時価総額をみることで「円換算orドル換算して、どれくらいそのコインが世の中に出回っているのか?」がわかります。時価総額が高ければ高いほど、それだけ実績があり、仮想通貨市場に影響を与えてきたといってもよいでしょう。

ただし注意しておきたいのは、単純に「時価総額が大きいから良い・小さいから悪い」という意味ではありません。時価総額が小さくても、何かニュースが出れば値上がりするかもしれません。逆に時価総額が大きいからといって、他にもっと良いコインが開発されれば衰退して値下がりするかもしれません。時価総額は未来を予測するものではなく、あくまで「過去から現在を認識するもの」ということです。

では、私がどのようにしてコイン選びに時価総額を活用しているのかというと「時価総額が大きすぎるOR時価総額が小さすぎる」コインは投資対象として除外しています。特に、時価総額を調べても全くでてこない、もしくは0のコインは投資対象から除外します。実体があるのかがわからないため投資対象としてリスクが高いからです。(もちろん、将来値上がりするという強い根拠・確信があるのなら買うのは止めません)逆に時価総額が大きすぎるコインは数千倍規模の値上がりを狙うには現実的ではないと判断して除外します。

時価総額をみる理由としてはもう一つあります。確かに時価総額が小さくとも、よくよく調べれば機能が優れているコインもあります。しかし、投資家が活用する肝心の取引所では、取引されない状況が続くと上場廃止(取引所が扱わなくなる)こともあります。どれだけ優秀なコインでも売れなければ1円にもなりません。要するに「人が売買しないコインは必要ない」ということです。

時価総額を調べるにはランキングサイトを活用するとわかりやすいです。時価総額ランキングのサイトを紹介します。

時価総額ランキングサイトはこちら
Cryptcurrency Market Capitalizations
COIN CAP
Coin Gecko
Bitcoin Charts

②pump/dumpしていないか?

pump/dumpとは、短時間のうちにコインの価格が大きく上昇・下降する局面のことを指します。チャートを見てみるとすぐにわかります。

こういった場面です。価格が数分の間に何十倍もの値段に跳ね上がり、数分後にまた元の価格に戻っていることがわかります。ここではいったい何があったのでしょうか?考えられることの一つとして、投機筋(仕手筋)が大きな枚数(何億円~何百億円)の買い注文を入れ、すぐに売り抜けたためこういったチャートが形成されたのでしょう。

なぜ投機筋がこういった事をするのでしょうか?それは、一般の投資家に高値・安値をつかませて自分たちが儲けたいからです。あらかじめ投機筋のグループが「何時何分に買って何時何分に売ろう」と結託します。何も知らない一般投資家は目の前の急激な値上がりをみて「今買わないと乗り遅れる」と飛びつくわけです。

「投機筋に騙されないようにするためにはどうしたらいいの?」と思われるでしょう。もちろん完全には防ぐことはできませんが、あらかじめ投機筋が好む通貨や値動きの特徴を知り、対策しておくことで回避できる可能性は上がります。

基本的に取引高(出来高)が小さいコインはpump/dumpが発生しやすい傾向にあります。例えば、ビットコインの場合は毎日多くの人が活発に売買しており、少しの金額を売り買いした程度ではビットコイン相場は動かせません。一方、人気もなくほとんど売買されていない通貨は、一部のお金持ちがお金を入れただけで簡単に値が動かせます。仕手筋のターゲットにされやすいです。

しかし前述したように、長期投資で数千倍規模のリターンを生むコインを手にするためには、まだ人が注目していない段階で通貨を買い仕込む必要性があります。ですので必然的に取引高の小さい通貨も投資対象になります。どうしても取引高の小さい通貨を売買するのであれば「板と歩み値」を見るようにしてください。

板をみると「どれくらいの買い注文・売り注文が入っているのか?」がわかります。歩み値は「すでに成立した売買を秒ごとに記録したもの」です。この二つを注意深く観察することで「不自然な注文が入っていないか?大口の注文が入っていないか?」気づくことがあるかもしれません。

③取引所に上場してから右肩あがりか?

私の独断と偏見にはなりますが

取引所に上場してから2週間以上は最低経過している
上場後、価格が好調に推移してる

この二つを投資対象としています。

なぜ上場直後のコインを売買しないか?というと、まだ価格が定まっておらず、それだけリスクが高いからです。

取引所上場前のコインはICO(未公開コイン)として各HPで購入できます。ICOを通じて資金調達したコインが取引所に上場して初めてそのコインは売却する事が可能になります。上場直後の値動きはコインによって様々なのですが、上場直後はコインが投げ売られ暴落、もしくは上場したことが追い風となって暴騰します。値動きが非常に荒いので、上場したての段階で売買することはあまりおすすめしません。

また、なぜ上場後価格が好調に推移してるものを選ぶかというと、少なくともスタートダッシュの段階でこけている(値が下がり続けている)ものは手を出したくないからです。本当にそのコインのプロジェクトが上場後も順調に進んでいるのであれば値が下がり続けることはありえません。ただし、上場後数週間好調であることが今後の価格上昇を保証することになるわけではありませんが…

④その通貨のコンセプト(独自性・ニッチなマーケット)

仮想通貨として大切な要素がそのコインのコンセプトです。「どのような目的でそのコインは作られたのか?」がしっかりとしていなければ長期・継続的発展は難しいでしょう。

これは投資に関わらず、ビジネスに置き換えてみても同じことです。すでにメジャーな仮想通貨になったものと同じ機能・特徴を持ったコインがでても今後は淘汰される可能性は高いです。「このコインはビットコインと同じ性能をもってます」と言われても「じゃあビットコインで十分では…?」となりますよね?

逆に独自性が高いコインだとどうでしょう?使われるシーンが限定的であっても、ライバルが少ない(同じ機能を持つコインが少ない)ので、生き残る可能性は高いと思いませんか?例えば、オンラインゲーム内のアイテムを購入するために使われる仮想通貨があります。とてもニッチなマーケットを対象としてるので伸びしろは小さいかもしれませんが、他にライバルとなるコインが出てくる可能性も低いでしょう。

さらに、こういった日常で使われるシーンが明確化されている通貨は数年後に頭角を表すのではないかと私は考えています。なぜなら、現状の仮想通貨は投機・投資対象としては注目されていますが、そこまで実際の日常生活に浸透していません。実需(実際に仮想通貨が日常で使われるようになる)が大きくなった段階で爆発的に値上がりする可能性を秘めています。

コインのコンセプトや役割については各HPのホワイトペーパーにて確認することができます。ほとんどが英語表記のため抵抗感はありますが、google翻訳を活用して調べてみてください。

⑤フォークコインではないか?

仮想通貨は分裂することがあります。これをハードフォークと言います。そもそもなぜコインをハードフォークさせるのかというと、今までのコインのルールを改変するために必要だからです。

仮想通貨は「過去のルール・データを改ざんすることができない」という特徴を持っています。ですが現実問題、システムに不都合が生じるとコインのルールを変えなければ継続して使用することが困難になる場合がある(スケーラビリティ問題など)ので、ブロックチェーンを分岐させてなんとか使える状態を維持しようとしてるわけです。

こうして分裂し生まれた新たなコインがフォークコインです。ですがこのフォークコインには問題があります。ビットコインの生みの親「Satoshi Nakamoto」の論文によるとこう書いてあります。

「ブロックチェーンの分岐が発生した場合でも、より強いハッシュパワーが支持するブロックチェーンに収束する」
※ハッシュパワーとは…マイニングする際のマイニングマシンの計算速度の単位

要するに「分岐(分裂)してもマイニングする力が大きくかけられてるコインの方が最終的には生き残りますよ」といってます。今まで一生懸命コインをマイニングしてきた人がもし「あなたがもってるコイン消滅するかもね」なんて言われたらどうでしょう?自分が保有しているコインの消失を阻止しようとマイニングを頑張るに決まってます。

分裂元のコインの方が、真新しい分裂先のコインよりもより長く・より多くマイニングされてきたわけですから、最終的に生き残るのは結局ビットコインではないか?と考えています。ビットコインをコーラに例えた有名なお話があります。

例 ビットコイン=コーラの原液
フォークコイン(ビットコインキャッシュ・ビットコインダイヤモンド・ビットコインゴールドなど)=水
コーラが欲しい人=市場(マーケット)

コーラが欲しい人がどんどん増えている状態→でもコーラの量は限られている
→「水いれて薄めて配れば多くの人にコーラを提供できる」→コーラの味がどんどん薄くなり、足している水には価値がないと人々が気づき始める→フォークコインの崩壊・消滅

⑥POS(proof of stake)コインではないか?

POSとはproof of stakeといわれる仮想通貨コンセンサスアルゴリズムの一種です。

POSの一番の特徴としてマイニングが容易であること。コインの保有量をもとにマイニング力が決まります。POSだからといって値上がりしないとは限りませんが、本来、仮想通貨が従来の法定通貨と比較して画期的に違う部分は「非中央集権」的な部分にあります。コインをたくさん持ってる人が強い事がアルゴリズムに組み込まれていたら、仕組みそのものが中央集権的と言えるので、仮想通貨の本質とは対極的になるのではないでしょうか?

ちなみにビットコインはPOW(proof of work)といってコンピューターの計算処理能力でマイニング量が決定します。電気代・土地代・サーバー代などのコストがかかり、POWは環境によろしくないので問題視されています。

仮想通貨のアルゴリズムは日々新しいものが開発されていますので、買おうとしている仮想通貨がどのようなアルゴリズム・仕組みなのかはチェックするようにしてください。

草コインの2つの投資法(ルール)

次に「目ぼしい草コインを見つけたら、保有するうえでどのような戦略を取ればよいのか?」について2つ筆者がおすすめする考え方があります。

①長期保有すること(2020年オリンピックを目安)

なぜ短期トレードではなく長期保有がおすすめなのかというと、仮想通貨はまだまだ新興市場だからです。投機・投資としての仮想通貨は浸透し始めていますが、実需の面ではまだまだ拡大していません。おそらく、既存の法定通貨の実需を仮想通貨が超えた時に次のバブルが来ると考えています。

直近のイベントとして、2020年のオリンピックがあります。仮想通貨は世界共通通貨なので、多くの外国人観光客がオリンピックのタイミングで仮想通貨を利用するのではないか?と筆者は予測しています。そして、日本でのカジノ設立も仮想通貨市場にとっては追い風になる可能性は高いです。中にはカジノで利用されることを想定した仮想通貨もあります。

②分散投資すること

草コインはハイリスクハイリターンです。仮想通貨は今なおたくさん新しいコインが生まれていますが、今後消滅する仮想通貨(dead coin)もたくさんでてくるでしょう。そこで、一つの仮想通貨に全力で資金を投入するのではなく、有望なものを数種類~数十種類に分散して購入しておくことをおすすめします。たとえ1000円単位の少額購入であっても、ビットコインと同規模の値上がりをするコインが出現すれば、十分億り人になれる可能性はあります。

ポートフォリオを均等に割り振るか?それとも偏らせるか?は各々のやり方次第です。筆者はチャートをみながら、購入後も堅調に上がっていれば買い増しをしています。購入後に動きがない横ばいの仮想通貨に関しては放置してます。

草コインは海外取引所でしか買えない

「草コインはどこで手に入るのか?」というと、実は日本国内の取引所では取り扱っていません。日本の金融庁が厳しいのか?はたまた日本人自体が保守的だからなのか?理由は定かではありませんが、日本で一番コインの取り扱い数が多いコインチェックでも13種類ほどです。

一方、海外の取引所をみてみると最大で600種類以上取り扱っている仮想通貨取引所もあります。中にはもちろん怪しいコインもありますが、それだけ外国人は仮想通貨投資に対しても積極的だということです。

海外取引所を選ぶ際に注目してほしいのが

・手数料の安さ
・会社の資本規模
・取引高の大きさ
・扱っているアルトコインの種類数
・ユーザビリティ(使いやすさ)

これらをチェックしておく必要があるでしょう。これらを考慮したうえで筆者が最もおススメしている海外仮想通貨取引所がBinance(バイナンス)です。

手数料は通常取引で0.1%で、さらにBNBトークン(バイナンスが発行している独自トークン)を購入しておくと手数料が0.05%まで下がります。他の大手海外仮想通貨取引所のbittrexやPoloniexでも手数料は0.15~0.5%はかかるので破格です。現状世界で最も安く草コインが買えるのではないでしょうか?

また、海外仮想通貨取引所では数少ない日本語対応もしている取引所です。いかに日本人ユーザーの使いやすさを考慮しているかが伺えます。また、バイナンスのgoogle playアプリも非常に使いやすく、今のところサーバー落ちなども見受けられません。

驚くべきは、Binanceの取引高が世界の全取引所の4分の1程度を占めています。東京に日本支社を構えるとの噂もあるようです。もし日本円入金に対応し始めたら、さらに便利になるでしょう。
仮想通貨取引所の取引高ランキングはこちら
Coin hills

※Binanceの人気に便乗したフィッシング詐欺に注意

最近、Binanceの人気が好調であることに乗じて、ツイッターや広告からフィッシング詐欺に誘導するURLが拡散しているようです。フィッシング詐欺のURLを踏んでログインしてしまうと、アカウントのパスワード・二段階認証のパスが盗まれます。パスが盗まれるとBinanceに預けた仮想通貨を根こそぎ盗られる危険性があります。

正しいURLはhttps://www.binance.com/です。かならずリンク先でURLに間違いがないか確認するようにしてください。

送金手数料を抑え、着金を早くさせる草コインの買い方

海外仮想通貨取引所は日本円入金には対応していません。ですので、まず国内取引所で日本円を仮想通貨に換える必要があります。送金手数料を抑える方法について4つのプロセスで考察してみました。

①国内仮想通貨取引所で日本円でリップルを購入

なぜビットコインではなくリップルかというと、送金手数料の安さと着金の速さからです。ビットコインはスケーラビリティ問題などでトランザクションが不安定と言われており、送金に時間とお金がかかることがあります。一方、リップルは国際送金に強みを持つ仮想通貨と言われており、早く安く送金することができます。ちなみに1月時点でビットコインだと一回の送金手数料に2000円前後必要でしたが、リップルだと50円未満で送金可能でした。

国内取引所の開設がまだの方はこちらでリップルが購入できます。
コインチェック(Coincheck)

②バイナンスにリップルを送金

購入したリップルをバイナンスのリップルアドレスに送りましょう。ビットコインの場合はビットコインアドレス一つ入力すれば送金可能ですが、リップル送金の際はリップルアドレスと宛先IDの二つの入力が必要なので注意してください。

バイナンスにログイン→FundsのDeposits Withdrawalsをクリック→XRP(Ripple)のDepositをクリック

これでBinanceのリップルアドレスと宛先IDが表示されます。

③リップルでビットコインORイーサリアムを購入

ほとんどの草コインがビットコインORイーサリアムで購入できます。リップルでは草コイン買えません。ですので、XRP/BTCもしくはXRP/ETHで売りを入れてください。

④購入したビットコインかイーサリアムで好きな草コインを購入

FundsのところでXRPがBTCもしくはETHに変換されチャージされたことを確認してください。そうしたら、BTCの場合は草コイン/BTC ETHの場合は草コイン/ETHで買いを入れれば草コインの購入完了です

※ビットコイン・イーサリアム・リップルその他仮想通貨の送金手数料は相場の変動や利用する取引所ごとに変化しますので、その時々によってどの方法が手数料が一番お得かは変わります。随時自身で確認するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)